ユニクロの倉庫内での発送仕分け

ユニクロ商品を発送している倉庫での仕分け作業をしていました。
各店舗からの注文に応じて、山のような在庫の中から商品を探し出し箱に詰めて、発送の準備をします。

倉庫内はきちんと段ボールに商品番号順に並べられていて、各箱の中から必要な分だけを取り出し、支店あての箱に詰めていきます。
いくらきれいに整理されているとはいえ、手際よく探し出すのは慣れが必要です。どこに何があるかがつかめれば、とても速く仕事ができるようになります。

そうなるまでが、大変で、違った商品を詰めてしまうと店舗に迷惑が掛かるので、
箱詰め後に、内容と注文票があっているかをチェックする人がいて、間違えると放送で名前を呼び出されます。

そうすると、正しい商品をまたやり直さなければいけません。
そして、間違えることが続くと、倉庫内にミスをして人の名前が書かれて、貼り出されます。
これがかなり恥ずかしく、はじめのころは、何度も書かれてしまいました。結構神経を使う仕事でした。