ホテルを路用されるが側になってみて

私が働いていたホテルはビジネスホテルでした。
1日のスケジュールとしましては、出勤するとその日の清掃する部屋の確認を行い、いくつかのグループに分かれて各担当の階で仕事を行うような感じでした。

そのあと各グループ単位で昼食をとり、午後からまた仕事をします。
宿泊客によって起こさないでカードをドアノブにかけていて清掃が午後からになったり、
長期の方でエコプランを選ばれてシーツを変えるだけなど部屋によって清掃のし易さ、かかる時間が変わるので帰宅できる時間も毎回バラバラでした。

また、グループの中でも日によって担当する作業は変わるのですが、特にバスルームの清掃は大変でした。
バスタブの垢がなかなか取れなかったり、バスルーム全体を洗った後にタオルを使って水を拭き取ったりしました。
他の作業はベットメイキングや備品管理などがあります。

私的にはベットメイキングがシーツを新しいものに変えるだけなので一番楽な作業でした。
全体的にこの仕事は体を動かすことがメインとなり体力を使い、たまには見たくもないようなものを見ないといけないので
体も心もダメージを受けることはあったのですが、時給が良かったので二ヶ月と期間は決められてはいましたが続けることができました。

いつもはホテルを利用する側ですが、今回ホテルを利用される側になってみたことで、ホテルでの利用の仕方や見方が少し変わりました。
もう二度とやることはありませんが私にとっては良い経験となったアルバイトでした。